jpcatohoku12

奥山 慎一郎

笠原 靖幸

佐藤 義朗

2018 年に日本海総合病院、酒田地区医師会、歯科医師会、薬剤師会等の8法人(現在は11法人)で地域医療連携推進法人日本海ヘルスケアネットが設立された。適正な薬剤使用を目的として薬剤師会からの提案で地 ...

星 恵美子

佐藤 裕邦

令和元年 9 月から「多職種による口腔ケア・食の支援とリハビリテーションに関わる団体の情報交換会」として歯科医師会、栄養士会、老健施設のリハビリ専門職が集まり、地域での口腔ケアから食支援、そしてリハビ ...

小川豊美

【はじめに】地域医療が抱える課題を「たべる」にフォーカスした解決の取り組みを紹介する。フレイル予防・疾患の病状の重症化予防を行い地域で活力ある暮らしを継続することが大きな課題のひとつでもあると考える。 ...

小内 裕

【背景】高齢化に伴い、栄養障害を有する患者は増加している。加えて、最上地域では在宅訪問医療を行なっていない医療機関が多く、適切な診療介入が出来なかった。その問題点を解決させるため、山形県最上地域に地域 ...

秋山 美紀

生きやすい地域を考える上では,「コミュニティ」という古くて新しい概念がカギになる。近年は「共生社会」の理念のもと,高齢者や障がい者を地域で支えるしくみづくりが各地で始まっているが,当然ながら,伝統的な ...

神谷 浩平

片岡 ひとみ

浅野 佳織

  世の中の食べ物には驚くほど卵と乳が使われている。離乳食の時から息子のごはんは市販の食材はほとんど与えることができなかった。4 歳になる息子は重度の食物アレルギーである。彼は兄弟と同じもの ...

深瀬 龍

佐藤 栄司

【背景】厚生労働省の 2019 年「人口動態調査」のデータでは、誤嚥性肺炎の死亡数は第 6 位を占めております。誤嚥性肺炎とは、噛む力、舌を動かす筋力、食べ物を飲み込む嚥下の機能が低下することで起こり ...

鎌田 剛

松田 友美

在宅において「褥瘡の発生」は身体だけではなく精神的にもダメージを与える。治療や姿勢の制限等でQOLが下がり「自分らしさ」が奪われる。「生きる気力」を奪わないためにも「心地良い」ケアがポイントとなる。多 ...

後藤 剛

延味 克士

 旅館、飲食店の調理の現場では、長く続いているグルメブームの影響もあり味の良さはもちろんのこと、見た目の美しさや器選び、食材選びに至る背景まで、ひと昔前に比べ高いレベルのものを常に求められて ...

田上 恵太

竹林 正樹

瀬尾 利加子

高齢社会で起きる医療介護分野が抱える課題解決には多業種の協力が必要と考えている人は多いだろう。外食と嚥下食の課題も、飲食店・料理人の協力が必要である。 しかし飲食店はビジネスであり、嚥下調整食を作る手 ...